スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)

 あなたはどのようなテレビ番組をよく見ますか? 小学5年生に聞いたところ「アニメ番組」(82.1%)、中学2年生は「バラエティ番組」(84.2%)と答えた人が最も多いことが、日本PTA全国協議会の調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 このほか、小学5年生は「バラエティ番組」(73.6%)、「クイズ番組」(62.9%)、「ドラマ番組」(62.7%)が多く、中学2年生は「ドラマ番組」(73.8%)、「アニメ番組」(56.0%)、「音楽番組」(53.6%)と答えた人が目立った。

 いま放送されているテレビ番組で、好きな番組名を挙げてもらったところ、小学5年生は「クイズ! ヘキサゴンII」(5.3%)と答えた人が最も多かった。以下「爆笑レッドシアター」(4.8%)、「ライアーゲーム」「東京DOGS」(いずれも4.7%)、「VS嵐」(4.5%)と続いた。一方、中学2年生は「爆笑レッドシアター」(10.2%)と答えた人がトップ。次いで「ライアーゲーム」(7.9%)、「東京DOGS」(7.3%)、「ひみつの嵐ちゃん」(4.4%)、「しゃべくり007」(4.1%)という結果に。

●子どもたちに見せたくない番組

 一方の親は、子どもにどの番組を見せたくないと思っているのだろうか。小学5年生を持つ親は「ロンドンハーツ」(15.6%)と答えた人が最も多く、次いで「クレヨンしんちゃん」(9.7%)、「めちゃ×2イケてるッ!」(5.4%)、「はねるのトびら」(3.7%)、と続いた。中学2年生を持つ親も「ロンドンハーツ」(15.5%)を挙げる人が最も多かった。以下「めちゃ×2イケてるッ!」(6.9%)、「志村けんのバカ殿様」(4.2%)という結果に。

 子どもはテレビを見ていて、どのような人物に影響を受けているのだろうか。小学5年生は「スポーツ選手」(34.5%)を挙げる人が最も多く、以下「お笑い芸人、コメディアン」(33.5%)、「アニメ漫画のキャラクター」(33.4%)と続いた。一方の中学2年生は「歌手、ミュージシャン」(42.6%)がトップ、次いで「お笑い芸人、コメディアン」(35.3%)、「スポーツ選手」(33.9%)だった。

 小学5年生または中学2年生の子どもを持つ親3610人が回答した。調査期間は2009年11月24日から12月7日まで。

【関連記事】
天下の吉本興業にあって、天下のジャニーズにないもの
一緒に見るテレビの時間と、熟年夫婦“仲”の関係
泣ける漫画と人に薦めたい漫画は?
後世に残したいテレビ番組、トップはあのアニメ

「宇宙への夢、花開け」=山崎さん、松本零士さんに種(時事通信)
熊本「赤ちゃんポスト」昨年度は15人預け入れ(読売新聞)
漁港にイルカ迷い込む、住民から歓声…富山(読売新聞)
<裁判員裁判>制度開始1年 東海3県では計37件(毎日新聞)
<桜>若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)

<CoCo壱番屋>シカ肉カレーを2店舗で提供 滋賀県内で駆除、地産地消(毎日新聞)

 カレーハウスCoCo壱番屋(愛知県一宮市)の県内2店舗が17日、日野町内で駆除されたシカの肉を使ったメニューの提供を始めた。シカ肉は大半が廃棄処分されており、関係者らは有効活用の第一歩として期待している。

 東近江五個荘店(東近江市)と近江八幡サウスモール店(近江八幡市)。いずれも日野町猟友会が町内で捕獲、解体した肉を使い、1食880円。県によると、シカは稲穂や野菜の新芽などを食い荒らし、08年度は県内で約4000万円の被害が出た。生息数は07年度の2万6300頭から年々増加し、12年度には4万4000頭に増える見込み。県は今年度、昨年度の倍の8500頭を駆除する方針。

 一方、県内でCoCo壱番屋を10店経営する岡島洋介さん(46)は、鉄分を多く含み、高たんぱくで低脂肪のシカ肉に着目。今年1月、同町に新メニューを提供したいと持ちかけた。シカ肉はにおいや硬さが難点とされてきたが、圧力鍋でニンニクなどと煮込むことで克服した。売れ行き次第で扱う店舗を拡大するという。

 岡島さんは「利益はほとんどないが、地域貢献のつもりです」と話している。店を訪れた藤沢直広町長(54)は「地元農家とカレー店、食べる人のみんなが喜ぶ三方良しの取り組み。これを機に消費を拡大させたい」と期待した。【後藤由耶】

【関連ニュース】
<写真特集>学生食堂:カレー、から揚げ、ラーメン 人気&自慢のメニューを紹介
<写真特集>ボンカレー:発売40周年「記念日」に決定 松坂慶子も祝う(2008年)
<写真特集>「富士宮やきそば」「せんべい汁」…各地のB級グルメ、集合!
<写真特集>松村邦洋:一気食いで「芸人の街」グルメをアピール(2008年)
<写真特集>チキン南蛮:和洋中、オリジナル24種類 東京駅でコンテスト

<日中韓外相会談>軍艦沈没「調査見守り」(毎日新聞)
乗鞍スカイライン 除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
参院山形、宮城で候補擁立=みんなの党(時事通信)

ニセ女医事件、病院は医師検索システム知らず(読売新聞)

 岩手県立宮古病院に医師として着任予定の一宮輝美容疑者(44)が無資格だったとして医師法違反容疑で逮捕された事件で、インターネットで医師資格の有無を確認できる厚生労働省のデータベースの存在を病院が知らなかったことが11日、わかった。

 病院は、一宮容疑者の希望した家電製品購入などに約200万円を支出したが、着任直前に無資格と気付いた。データベースを活用していれば、多額の公費支出を防げた可能性があり、県のチェック態勢のあり方が問われそうだ。

 厚労省のデータベースは2007年度に開設され、医師法で義務づけられている2年に1度の届け出をしている医師を網羅している。姓名を打ち込めば、医師免許の有無や免許取得年が表示される仕組みで、だれでも使用できる。異体字や旧字体は、そのまま入力する必要があるが、医師免許がなければ、「条件に該当する医師等は検索できません」との表示が出る。

 県立宮古病院の事務局長は11日、「私たちは、そもそもそのシステムを知らなかった」と述べた。

 県医師支援推進室は、同病院からの相談を受けた今月7日、このデータベースを使って調べた。すると、一宮容疑者は該当がなく、一緒に着任するとされていた「婚約者」を名乗る男性(38)は、同姓同名が数件ヒットしたという。

 一宮容疑者とのやりとりは約100回のメールや電話で進められた。一宮容疑者は「村井」と名乗り、実名は今年1月に明かした。「患者に暴力を振るわれた」などと説明して、名刺や履歴書は出さなかった。

 病院幹部は「頭の片隅でおかしいとは思ったが、宮古に来てくれる貴重な先生だから、確認は最後で良いと思った」と明かした。

 民間の医療人材紹介会社キャリアブレインの吉岡政晴会長(40)は「偽医師の問題があるので、このデータベースで必ず確認している。このシステムを知っていれば今回の事件も防げたのではないか」と話している。

原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし−東京(時事通信)
<鳩山首相>日米のさくらの女王が訪問 オバマ氏親書を持参(毎日新聞)
長谷川等伯の心を映し出す本法寺(産経新聞)
交番投石容疑、中3生3人逮捕=「2人乗り注意され立腹」−広島(時事通信)
再開初日は「順調」=もんじゅ、8日に臨界−福井(時事通信)

東大元副学長ら科研費不正隠す(産経新聞)

 東京大は23日、元副学長が委員長を務めた内部調査委員会が科学研究費補助金の意図的な不正使用を隠す虚偽報告書をまとめていたことを明らかにした。元副学長と元監査担当理事の役員2人が関与していた。関与した委員会スタッフの課長3人と副課長の事務職員計4人を戒告の懲戒処分としたが、役員2人はすでに退職しており、浜田純一学長から遺憾の意を伝えるにとどめたという。

 東大によると、内部調査委員会は平成20年12月、大学院農学生命科学研究科教授が、物品の架空発注で業者に金をプールさせるなどして部下の研究費を感熱紙購入などに充てていた事実を隠し、「物品を誤って重複発注し、返金を受けずに預けていた」とする虚偽の報告書を作成した。

大阪市議補選の内定候補者 橋下知事「アグレッシブ」(産経新聞)
新規作用機序の関節リウマチ治療薬の承認を了承(医療介護CBニュース)
織田信成選手 婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
<日本記者クラブ賞>本紙・梅津記者に 音楽担当の受賞は初(毎日新聞)
首相「札束でほっぺたをたたかない」 普天間問題(産経新聞)

短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)

 男子短大生を監禁して暴行を加えたとして、監禁致傷罪に問われた兵庫県警芦屋署地域課元巡査、富岡龍也被告(21)=懲戒免職=ら3人に対する第2回公判が16日、神戸地裁(小川弘持裁判官)で開かれた。富岡被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。初公判では認否を留保していた。

 共犯の無職、中村昴(21)と同、大森さゆり(21)両被告は、起訴内容の一部を否認した。

 起訴状によると、富岡被告らは、男子学生が以前、大森被告を傷つける発言をしたなどとして昨年12月、中村被告の部屋で監禁し、殴るけるなどの暴行を加え約2週間のけがを負わせたとしている。

【関連記事】
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
短大生監禁の元巡査ら初公判、罪状認否を留保
弘道会関係者ら4人逮捕 監禁致傷容疑で大阪府警
監禁致死容疑で両被告を再逮捕 屋久島社長死亡事件
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず
外国人地方参政権問題に一石

<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)
普天間移設反対、徳之島で1万人規模の集会(読売新聞)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)
日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)
<こち亀>両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)

<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)

 中央省庁が集まる東京・霞が関にほど近い港区内に、公務員OBらが「天下りの塔」と呼ぶビルがある。3月時点で農林水産省所管の26公益法人が入居し、その一つの財団法人が所有・管理する。このうち25法人に98人が役員として天下り、国から流れ込む補助金なども13法人で約800億円と巨額だ。事業仕分けを前にビル内を歩くと、「天下り法人」に対する批判への反発とあきらめの声が交錯していた。

 「三会堂ビル」(地下3階地上9階建て)。明治16(1883)年、大日本農会、大日本山林会、大日本水産会の合同事務所として開設され、8年後に現在地に移った。3団体はそれぞれの分野で最も歴史のある社団法人で、「三会」とも呼ばれる。ビルには他省庁所管の公益法人や企業も入るが、多くは農水関係の公益法人だ。

 大日本水産会には昨年9月、汚染米事件で引責辞任した白須敏朗・前農水次官が常勤の会長として就任。会長の報酬は年1860万円。ある理事は「三会は『特権さん』の天下りの指定席」と話す。

 ビルを所有する財団法人・農林水産奨励会の設立目的も「三会」の3法人の支援だ。奨励会が08年度に受け取った賃料約15億円のうち約1億6000万円は、助成金として3法人に還流された。

 総務省公表の資料によると、26法人中17法人は専務理事など同じポストへの天下りが5代以上続く。ビルの法人同士で役員を兼任し合うケースもある。

 だが、公益法人改革の荒波はこのビルにも押し寄せる。昨年の事業仕分けでは、大日本水産会が保有する「漁船漁業構造改革総合対策基金」など3基金が「ため込む必要はない」という批判を浴びて廃止され、約620億円を国庫に返納することが決まった。農業後継者を紹介する番組を制作していた農林放送事業団は3月に解散。元幹部は「事業仕分けも怖かったが、農水省からの補助金が減った」と理由を説明する。

 批判を受ける法人の理事は「必要な事業と思っている」と語気を強める。だが、奨励会の幹部は「空き室が埋まらない状況で経営は厳しいが、どの団体もスリム化を迫られ、賃料の値上げなどできない」。ある法人の幹部は「解散を検討している」と明かした。【三沢耕平】

【関連ニュース】
浄化槽設備士センター:別法人に業務大半丸投げ 天下りも
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に
浄化槽設備士:財団法人、国家資格業務丸投げ 役員5人天下り
岐路の夏:09衆院選 天下り根絶、ほど遠く 受け皿業者100社アンケート
独立行政法人仕分け:57の研究系統合 天下り先の管理部門、人件費削減へ

子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)
舛添・東国原氏、15日にも会談…新党視野か(読売新聞)
PKO参加5原則の見直し先送り…岡田外相(読売新聞)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)

<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)

 石原慎太郎東京都知事が、新党「たちあがれ日本」の発起人として、久々に政治的な注目を浴びた。新党からの参院選出馬は明確に否定したが、一時は知事を辞職して出馬するという意思を固めたという。「このままじゃ死に切れない」と国を憂える石原氏。なぜ今、新党なのか。来春に都知事選を控え、周辺は石原氏の本心を推し量る。【渡辺暖】

 「保守の再生」が課題の石原氏は、このところ民主党への批判を激化させている。6日の全国知事会議では、民主党が永住外国人への参政権付与に前向きなことについて「地方行政が外国人によって左右されかねない仕組みを、(地方分権を推進する)彼らが言い出すのは全くの自己矛盾。危険な提案だ」とこき下ろした。

 10日の「たちあがれ日本」の結党会見では、「都政はいろんな問題を抱え、任期が残っているから、責任だけは果たす。来年が参院選挙なら分かんねえな。血が沸き立っているよ。できるだけのことをやりますよ」と慎太郎節に力を込めた。

 石原氏に近い関係者は「2月までは新党の誘いがあっても乗り気じゃなかったが、3月になって前向きになったようだ」と話す。何があったのか。

 都議会は、09年7月の選挙で民主が国政に先駆けて大勝し、第1党に躍進。石原与党だった自公は過半数割れし、主導権を失った。悲願の16年夏季五輪の招致もかなわず、新銀行東京は経営難に苦しみ再建途上。まさに石原都政は手詰まり感を漂わせていた。

 そこにきて、築地市場の移転問題が再燃。移転反対の民主と一触即発の状況が続き、予算案の修正案を突き付けられそうになったのが3月だ。結局、互いに譲歩して乗り切ったが、先の関係者は「知事はこのころ、本気で辞職することも考えていた」と明かす。

 「東京から日本を変える」が口癖。ある都幹部は「元々都政よりも国政に関心が強かった人。都政でいい材料が見当たらない状況で国政に関心を強めるのは当然の流れでは」と解説する。

 石原氏は「最後のご奉公」と言って3選を果たしており、今期で退くのは既定路線だ。都庁内では「4選出馬の可能性は1割もない」との声も。「(石原知事の下では)攻めの施策は出てこない。次の知事のためにとっておくのが役人」(都幹部)などと、冷ややかな声すらある。

 こんな見方もある。石原氏は新党旗揚げの会見で「私たちは年寄りだが、30代、40代、50代の人間に頑張ってもらいたい」と若い世代の奮起を促した。三男宏高氏は45歳。衆院議員を1期務めたが、昨年の衆院選で落選し、現在は浪人中だ。石原氏周辺からは「新党から比例で宏高氏が出馬することもあり得るのではないか」との声も聞かれる。

 各党は参院選の民意を見定めて都知事選の候補者を擁立することになる。参院選の結果と、知事選の民主党候補者次第では「反民主」を掲げ、4選に名乗りを上げるとの見方もくすぶる。本当にそのつもりかどうか、喜寿の石原知事は最近、やたらと元気がいい。

飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
定数訴訟判決、また「違憲状態」=衆院選、無効請求は退ける−高松高裁(時事通信)
石原知事は出馬せず 夏の参院選で平沼氏(産経新聞)
<選挙費用>未払いのまま連絡取れず…落選の国民新党候補(毎日新聞)

<学術会議>国に提言 若手研究者の待遇向上などに対策求め(毎日新聞)

 日本学術会議(金沢一郎会長)は5日、若手研究者の状況は劣悪で深刻な危機に直面しているとして、早急な対策を国に求める提言集「日本の展望」を採択した。大学の研究環境が「(国公立大)法人化の影響などで悪化し、活気が失われつつある現在の状況は深刻。日本の未来は暗い」とも指摘。財政基盤の強化や人員制限の柔軟化、過度な競争メカニズムの是正などを求めた。川端達夫科学技術担当相に近く提出する。

 提言は計1295ページで、会議の会員ら約1300人が2年がかりで作った。若手研究者について、博士号取得後の「ポスドク」約1万6000人の社会保険加入率が58%にとどまるなど、「将来に大きな不安を抱きつつ任期付きの非正規労働者として低収入に甘んじている」と説明。国や地方の公務員に大学院卒採用枠の新設などを求めた。提言は今後、会員任期の6年ごとに改定版を出す。

【関連ニュース】
発信箱:「・」をめぐる問題=元村有希子(科学環境部)

シー・シェパード活動家を起訴=艦船侵入、傷害罪でも−東京地検(時事通信)
「龍馬」ブーム異常盛り上がり SB孫社長だけでない「入れ込み」(J-CASTニュース)
母親を鑑定留置=2カ月娘揺さぶり殺害−大阪地検支部(時事通信)
犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑−石川県警(時事通信)

鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日の党首討論で、ゆうちょ銀行の預入限度額を2千万円に引き上げることを柱とした郵政改革案について、「税金を投入しないで、郵政事業のユニバーサル(全国一律)サービスを続けていく唯一のやり方だ」と述べた。

【関連記事】
日本郵政、10年度は減収減益計画 収益改善へ課題山積
郵貯資金で太陽光や電線地中化 亀井氏、“流用”で具体策 
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配
預入限度2000万円 郵政バトル収束
地銀など戦々恐々 ゆうちょ銀が住宅ローン本格参入?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
<痴漢容疑>電車内で 警視庁警部補を逮捕 千葉・容疑否認(毎日新聞)
<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長(医療介護CBニュース)

足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)

 「無罪の言い渡しはうれしい。苦しみもつらさも一区切りです」。菅家利和さん(63)とともに無実を訴えてきた支援団体「菅家さんを支える会・栃木」代表、西巻糸子さん(60)は涙ぐんだ。この日も菅家さんを車の助手席に乗せ、裁判所まで来た。

 〈無実を訴える手紙を書いても母親からは返事は一通もない。見捨てられたという失意の底で、西巻さんからの手紙が届いた〉

 菅家さんは自著でこうつづる。淵(ふち)にいた菅家さんにとって、一筋の光であり、心の支えだった。

 支援のきっかけは、菅家さんが泣きながら犯行を否認したことを報じた新聞記事。文通や面会を重ねたが「本当のことを知りたいが、深入りは怖い」と葛藤(かっとう)もあった。

 しかし、西巻さんは菅家さんの純粋な人格に打たれ、菅家さんは西巻さんの行動力を頼りに信頼関係を深めた。年下の西巻さんを、菅家さんは「姉さん」と慕う。

 平成6年に「支える会」を結成。ボランティアで会報やチラシを配り、現地調査を重ね、カンパを集めた。菅家さんを犯人視する人が多い中、孤独な闘いだった。

 釈放後も、足利市に帰郷した菅家さんを支え、行動を共にする。「再審でも、菅家さんを直接取り調べた人たちが謝っておらず、すっきりしていない。今後も支援は続ける」

 「おめでとう、お疲れさま」。待ちに待った判決。西巻さんは、被告の支援者としてではなく、一市民として、晴れて菅家さんを迎えた。

【関連記事 足利事件再審】
菅家さんに無罪判決
傍聴券配布に1513人が列
裁判長が菅家さんに謝罪
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
裁判所の証拠検討より慎重に
あれから、15年 地下鉄サリン事件

独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相(時事通信)
<貨物機炎上>事故から1年 成田で追悼行事(毎日新聞)
<東京地裁判決>酔わせ強盗致死 74歳の女に無期(毎日新聞)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で−厚労省(時事通信)
送迎バス事故で11人死傷=運転手、直前に意識失う? −避難直後、車体炎上・大阪(時事通信)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
レンタルサーバー ランキング
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
現金化
副業
ブラック キャッシング OK
selected entries
archives
recent comment
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    豚村 (06/12)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    志波康之 (01/14)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    サキューン (12/31)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    リョータ (12/26)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    晶太郎 (12/22)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    きんちゃん (12/17)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    ヘッド (12/08)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    ちんたまん (12/04)
  • 子どもが見ている&親が見せたくない――テレビ番組は(Business Media 誠)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM